タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HGUCヤクト・ドーガ素組み+部分塗装
買ってからちょいと積んでましたが作りました。HGUCヤクト・ドーガ。
DSC02468.jpg
DSC02470.jpg
クェス専用機は色が個人的に駄目なので、ギュネイ専用機です。アサルトライフルかっこいいし。
旧キットのでっぷりとした感じは無くなり、かなりスマート。まぁカトキハジメらしいリファインかなぁ。個人的には肩のシールドやバックパックが小さくなったのがちとしょんぼりだけど。
なお基本的に素組みですが、肩・腕のシールドの赤、リアスカートの赤と黒は目立つので塗ってます。あとツノのフラッグは削ってます。
大体の色分けはできてるんですが、非常に目立つ肩のシールドの赤が色分けされてないのは残念。
可動は現在の基準からすると普通。しかし、腕周りに関しては武器の形状、肩のシールドなど動かしにくい要素が多々ある中、普通レベルまで持っていったのは凄いかも。
モノアイは可動、首は飛行シーン再現用に上を向けるよう特別に可動。
合わせ目は相変わらず極力出ないように工夫されてます。
DSC02462.jpg
ビームアサルトライフルはダボが付いていて保持力バッチリ。手のほうも以前のようにすぐバラけたりしません。
デザイン上前腕に干渉しまくりますが、手首がいい感じに動いてカバーしてくれます。
DSC02464.jpg
ビームサーベルは1本付属、しかしビーム刃は通常の長さと通常より長いものの2つ付属。形状も刀っぽく薄く、片方が若干反ってます。写真は長い方を使用。
ヒートナイフは刃だけ別パーツです。色分けされてないのはHGUCであることを考えると仕方ない。
DSC02460.jpg
一応、ビームサーベルは腰に収納可能。
しかし、腰アーマーを外す必要があるのでサーベルを抜くようなポーズは取れませんし、収納するにはヒートナイフの刃を外さなければならないため、パーツが散逸するのを防止できるわけでもなく、別に要らないギミックです。
DSC02467.jpg
シールドのエンブレムはホイルシールでの再現。まぁ、やむを得ないかな。ディテール自体はありますけど、あんまりにも細かいので塗装は断念しました。
メガ粒子砲が色分けされてないのもHGUCなら仕方ないレベル。
DSC02458.jpg
ファンネルは軟質クリア棒と専用パーツを用いて展開可能。ただし、3個一体となって成型されてるので、1個だけとかは無理です。
ありがたい付属品ではあるんだけど、ポーズ付けが難しくて困る…。

全体としては無難なレベルにまとまったキットですが、それだけに定価2310円はちょっと高いですね。これも原油高のせいなのか?次のリ・ガズィなんて2940円とかMGレベルの値段だし…。
逆シャアの機体は大型MSばっかりだから値段が高くなるのもある程度は分かりますが…。とりあえずジェガン出してくださいジェガン。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ユニオンフラッグ
「うーヤクト・ドーガヤクト・ドーガ」
今HGUCヤクトドーガを求めて全力疾走している僕はガンプラ専門のごく一般的なヌルモデラー
強いて違うところをあげるとすればちょっと積んどくモデラー入ってるってとこかナー
名前はぶぽ

そんなわけで帰り道にある本屋の中の模型コーナーにやって来たのだ

ふと見ると新製品コーナーに1つのプラモが置かれていた
D1000002.jpg

ウホッ!いいプラモ…

そう思っていると突然そのプラモは僕の見ている目の前で躍動感溢れるパケ絵を見せはじめたのだ…!

「組まないか」

そういえば今日はバンダイの新製品の発売日だった
イイプラモに弱い僕は誘われるままホイホイとレジにもって行っちゃったのだ

彼―
ちょっと量産機っぽいMSでユニオンフラッグと名乗った
ガンダムにもやられなれてるらしく家に帰るなり僕は箱を開けてしまった

「よかったのかホイホイ買っちゃって 俺は塗装をしなくても設定に近い色を再現しちゃうようなプラモなんだぜ」
「00のプラモ初めてだけどいいんです… 僕…手間のかからないプラも好きですから…」
「うれしいこと言ってくれるじゃないの それじゃあとことんバンダイの技術力を味わわせてやるからな」
D1000003.jpg


というわけで期待のガチホモキャラグラハムが駆るMSと思ったら専用機が12月発売と聞いて愕然のHGユニオンフラッグ買ってきました。

出来に関しては書いてる途中で文章が飛んでムカついたので省略。1000円としては妥当なデキなんじゃないですか。とりあえずスタンドは必須。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCゼク・アイン素組み
いつ積んだのか知らないんですが、箱と説明書見て作りたくなったので素組み。もともとはマラサイの改造のために買ったんだっけかな…まぁいいや。
DSC01634.jpg

DSC01636.jpg

割と古めのキットですが、色分けやパーツ分割は悪くないですね。ただ機体各部のバーニアが色違ってるけど…。
DSC01639.jpg

DSC01633.jpg

可動は正直厳しいです。実際には足首以外は普通なんですが、マシンガンが構えづらく、ポーズが取れません。添え手を添えさせるのも難しく、せっかく付属させたのに、ちょっともったいない。
DSC01631.jpg

DSC01641.jpg

というわけでアクションベース使用。3mmピンバイスで穴開けて使ってます。
武器はマシンガンと一色成形のビームサーベルのみ。弾倉は取り外し可能。弾倉外せばシールドが前後に振れるので表情が豊かになりますね。
右手は親指が可動するんですが、やたら太く、他のキットから武器を流用しづらいのが難。ガンダムMk-Ⅱ(とほぼ同じ形)のビームライフルも兵装の1つとしてあるらしいんですが、持てません。
DSC01640.jpg

似てると思ったマラサイとの比較。
うーん、似てるようで違いますね。特に頭部とか。並べてみると、ゼク・アインがいかにゴツいかが分かりますね。
後は腕がハイザックっぽかったり、胸のダクトやハッチが連邦系MSっぽかったりするのも面白いです。ジオン色が濃いとしながらも、連邦製ってことを意識してるのかな。

全体的には昔のスタンダード、という感じのキットですね。武装とか、可動範囲とか、各部の構成とか。ただ肩アーマー、バックパックなんかは合わせ目消しが面倒そう。
単体でのプレイバリューが高くないことも考えると、あんまり良いキットとは言えないですね。デザインはいいけど。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCアッガイ素組み
さー遂に出ましたHGUCアッガイ!
学校帰りに喜び勇んで買ってきて即組み上げました。
DSC01380.jpg

DSC01381.jpg

プロポーションは良好。MGよりも頭と胴体が密着するようになり、よりアッガイらしくなった感じ。
実際にはガンダムやジムより多少大きいんだけど、その形のせいで小ぢんまりとした感じです。かわいい。
ただ頭部が外れやすいのが難。
DSC01382.jpg

BDの時に自然に膝立ちできるって驚いてましたが、このアッガイはそれ以上。と言うか可動範囲はほぼMGのまま。
爪は差し替えで収納・展開を再現。HGUCならば妥当な措置です。
DSC01385.jpg

ハイマットフルバースト!…という冗談はさておき、右腕はクロー以外にもミサイルランチャーが付属。ただしクローは1つしかないので、連ジのズサー等を再現したい場合は2体必要。
DSC01386.jpg

腕の延長パーツは6つ付属。6つ繋げるとかなりの長さです。
08小隊版の応急処置パーツはちょっと使い道が少ないかなぁ…。別に付いてくる分には構わないけど。
DSC01379.jpg

ジャブローに散る!。MGとは違い、延長パーツでの差し替え再現になったために、充分伸びるようになったのは嬉しいところ。
モノアイはクリアーパーツにシールを貼っての再現。可動範囲は左右・前後共に180度ほどあります。
頭部の構成もMG譲りなため、モノアイを動かすためには外装→頭部バルカン砲身→クリアーパーツ…と分解する必要があります。ちょっと面倒。
DSC01387.jpg

スタンドは種スタンドが使用可能。BDと同じく、説明書や箱はアクションベースでの撮影ですが。
でもアッガイって飛んでる感じないですしねぇ…。記憶に残ってるのは、連ジなどでの腕ロケット発射→着キャンぐらい…。
DSC01390.jpg

最後に親子で撮影。MGが足などに意外と直線的なラインが多いのに対し、HGUCではかなり丸っこい印象に。
個人的にはMGのプロポーションがちょっと不満だっただけに、今回のHGUCはかなり好印象ですね。

さて、今回のHGUCアッガイは久々に作ってて感動したキットでした。とにかく、「MGをダウンサイズしたHGUC」。内部メカを一部に導入することにより、胴体以外の外装が1パーツ成形に。これで合わせ目消しが不要に!可動範囲もMGそのまま!
さすがに腕・足の引き出し機構は無くなったため、体育座りは出来なくなってます。しかし、それ以上に腕の差し替え再現による長さ・保持力の増加(MGは腕を下げると勝手に伸びてしまったりしますからね)が大きい。ついでに、右腕用ミサイル・応急処置パーツがあるためMGよりもバリエーションは豊富ですし。
一部ではガンダムより大きいという後付設定での商品化などに不満もあるみたいですが、プラモデル単体で見ればまさに傑作。色分けもBDが何だったのかと思うぐらい完璧です。元々塗り分け少ないけど。
とりあえずもう1体買って両腕クローのアッガイを作るのは決定。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCブルーディスティニー2号機素組み
長らくHGUC化されてなかった陸戦型ガンダム・ジムにも遂に光が!ということで期待していたブルーディスティニー2号機。
出荷日が出荷予定表をHPに掲載した日と同じという罠にハメられて当日には買えませんでしたが、金曜には買ってきました。
DSC01363.jpg

DSC01364.jpg

全体のプロポーションは、良好だったHG08小隊シリーズを受け継いでる感じ。太ももはかなり変更されてますけどね。
あとは足も太く高くなりました。
肩のマーキングは02以外にも01、03が付属。白文字のものだけでなく黒文字のものも付属してます。…3号機作れってか?
DSC01365.jpg

膝関節は180度近く曲がるため、膝立ちは余裕でこなせます。逆に足首の関節はほとんど動きません。ビックリするぐらい。
膝・肘関節はパワードジムみたいな構成になってます。なお、関節も青くするため、恐らくガンプラ初、青いABSランナーが付属。
…そのせいで、肘関節は白いプラパーツ+青いABSにシール貼っての対応だったりしますが。
DSC01366.jpg

ビームサーベルは2本付属。手も握り手が左右あるので(昔はあるのが普通だったけどね…)2本持てます。
膝のサーベルラックの展開ギミックはパーツを交換ではなく差し替えで再現。サーベルを収納したままラックを閉じることも出来、余計な部品が出ないでいい感じ。
なお、上下に可動する!と謳っていた肩関節ですが、蓋を開けてみればなんのこっちゃない、ガンダムMk-Ⅱと同じ構造です。Mk-Ⅱよりも前後に可動するようになってますが、そのせいでポリキャップを受ける軸が見えてしまいます。
DSC01367.jpg

ビームライフルは青い部分が色分けされました。フォアグリップも可動するので両手持ち可能。
スタンドはSEEDシリーズのものが使えるようになってます。説明書ではアクションベース使って撮影してますけどね。

さて、割と期待していたブルーディスティニーですが、いざ作ってみると正直「イマイチ」。
ランナーのタグがブルーディスティニーになっていることから、1・3号機の展開を狙っているんでしょうが、そのせいで「今のHGUCなら色分けするべきだろ」って場所がシールになっているのが厳しいところ。胸中央の黄色いダクト、腰の黒い部分、宇宙戦用ランドセルの白い部分などは今のレベルなら色分けできるはず。元々細かい部分も多いため、シールは結構多いです。
そして何よりも残念だったのが足首の関節。あまりに動かなさに愕然。素立ちの状態から足が全く前に出せません。左右はそれなりに動くんですが、ボールジョイントの位置が高く接地性最悪。もう1つ関節を仕込むなりして何とかして欲しかった。
これで定価1575円はいくらなんでも高すぎる。付属品はいたって標準だし、パーツ的にも同じような構造のパワードジムは1260円なわけだし。多分、バリエーション展開狙ってる構成ゆえに、多色ランナー2枚使うことになってしまったせいだと思うけど。

あと、素組みでも見栄えがいいようにゲートの位置が工夫されてたり、パネルライン処理されてたりします。ゲート位置に気を使ってくれるのはいいんだけど、パネルライン処理はしてる場所が多すぎる気が。ふくらはぎとか全部だし(説明書で合わせ目として消されていない)。
…そこらへんの評価は、模型誌でやってくれると思いますが。

しかしこれじゃあ来月の陸ガン期待できないんだけど…。色分けは何とかなると思うけど、足首の関節…。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ギャプラン仮組み
春休みが終わるってのに今年はしっかり忙しいってのにまだまだ作りかけのいっぱいあるってのに。

買ってきてしまいました。HGUCギャプランTR-5フライルー。
だってギャプランかっこいいんだもん…まんだらけで中古が1890円だったんだもん…。

ちなみにまんだらけの入ってるビルは、他にアニメイト・ボークス・メロンブックス・You-ki(同人・エロゲも扱うゲームショップ)・メイド喫茶が入っているというとっても濃ゆい場所です。
どうしよう。1階の普通の店が可哀相すぎる。
まぁ自分としてはイエローサブマリンでプラモ見た後、アニメイトで漫画とライトノベル見れるし、まんだらけの中古プラモはイエローサブマリンより安いし、で割と有難かったりするんですが…。

それはそれとして仮組み。
DSC01357.jpg

フライルー買ったけどノーマルギャプランとして組みました。最初から塗装するつもりだったんで。
フライルーの方が値段は高いんですが(それでも中古と2割引という差があるために90円しか違わないけど)、ブースターは要らないし、フライルーの追加パーツはヘイズルに付けられるし。
それにこのカラーリングもいい感じですしね。元ネタが白猫が操る鋼鉄の機体でしかも月光ってんだから黒+白+黄はちょうどいいし。今回はカラーリングで悩まずに済みそう。
DSC01356.jpg

変形。懐かしい言葉を使うならうすちーさい!。いやホントは小さくはないんですけど。コンパクトって事です。

今回は可変機体ということでちょっぴり武装取っ付けて、ちょっぴり色替えておしまいの予定。もっとも、武装を取り付ける場所が見当たんないのが難点なんですが。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCアッガイだってー!!
HGUCaga-i.jpg

4月発売らしい。買うしかないな。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCシャア専用ゲルググにwktk
ゲルググの出荷予定日きたよきたよー!!
とりあえず一週間後の12日らしい。意外と早かったな。ヘイズル出したから20日前後になるんじゃないかとか思ってた。

プロポーションは上半身がマッシブな感じ。アニメっぽい感じかな?
まぁプロポなんかどうでもいいけど。ゲルググならそれで充分。

とりあえず素組みと色変えで量産カラーは作らないとな。
あとはできればジャスティスゲルググとフリーダムゲルググとプロヴィデンスゲルググだな!(;゚∀゚)=3


…最後の1行が厨臭いのは気にしないでくだされ('A`)

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

HGUCパワードGM素組み
HGUCで久しぶりのGM系MSとあって、出荷日に買ってきました。まぁ1日放置してましたが
DSC00457.jpg

DSC00458.jpg

プロポーションは割とスリム。膝とかもっと大きいのかと思ってたらそうでもないようで
DSC00459.jpg

最近の流れを受けてスタンド使用可能。もちろんこいつについてるわけはありません(笑
マシンガンは2パーツ張り合わせになってます。
DSC00456.jpg

バズーカはガンダムMk-Ⅱと同じ物?グリップも同じように可動します
噂の可動軸付きの手首により、砲身を上から掴むこともできます。問題は左手はこれしかないってことですが。定番ですけどね
DSC00460.jpg

左手首は逆方向にも曲がるので、挑発するようなポーズも可能
サーベルの刃は最近のスタンダードSB6ランナー。色は今までより薄くなってます
DSC00462.jpg

足首の可動はこんな感じ。ヘイズルと同じ接続なので、足を前に出しにくくなってます。大分マシになってますが。でも膝立ちとかはできません。

付属品だけ見れば1000円キットぐらいですが、肘の二重関節、軸の付いた左手首など可動範囲で+200円の値打ちはあるかと。膝の内部フレームとかは正直冗長ですが。
ランナー見ると流用する気まんまんのようなので、早めにジム改とか出してくれるとありがたい。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

ガンプラ進行状況
DSC00440.jpg

X‘masGMはほとんど完成。あとはロッドと腰のマウントラッチ作成を残すのみ。
月光の方はハイザックだと肩に関節仕込むのがめんどくさかったのでマラサイに変更。こちらはブリッツの部分の色塗ったらおしまい。
カラーリング変更とか、バックパックの一部改造とかしようと思ったけど、めんどいので省略。大掛かりな改造になる月光再戦バージョンでやることにしますわ。日光はその後になりそうだな…

ランサーダートはスペース的に問題があるし、トリケロスをそのまま使うのも良くないと思ったので↓のようになってます。
DSC00437.jpg

ヘイズルのアクチュエーターの流用ですが、まぁ小型グレネードって事でひとつ。

しかし、マラサイがここまでカッコいいとは意外でした。ハイザックの方がカッコいいなーと思ってたけど、負けず劣らずカッコいい。
それでいて大きく引き出せる肩、設置性抜群の足首とくればもう言うことなし。ふくらはぎの装甲が引っかかって足を前に出せないけど、他が良いから許せます。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。