タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
愛車紹介
ベンリィ110 2012年式
CIMG0138m.jpg
2012年北海道周遊時
DSC02370m.jpg
2013年日本横断時
◎使用期間
2012年2月~
◎装備
標準装備:サイドスタンド、リアキャリア→PRO用の物に換装
追加搭載:グリップヒーター、ナックルガード、フロントキャリア、インナーラック、ナビゲーション、ホムセン箱
◎主なツーリング
北海道周遊(2012年)(10泊11日)
さいたま~男鹿(4泊5日)
さいたま~山陰・北陸(8泊9日)
日本横断(24泊25日)
九州周遊(10泊11日)
さいたま~しまなみ海道(6泊7日)
さいたま~山陰・隠岐諸島(8泊9日)
さいたま→利尻島(8泊9日)
さいたま~納沙布岬(6泊7日)

もともとギアの原付二種版があればな…と思っていたのだが、2012年1月、ついに自分の求めていた物とぴたりと一致するバイクが出た!ということで衝動的に購入。まぁいつも衝動的に買ってるのだが。
原付最大クラスの燃料タンクかつ高い積載性、そして疲れにくいスクータータイプということで、自分の理想のバイクと完全に一致。
オプションは基本的に以前つけていた物は全て装着し、更に新規にインナーラックを装着。とにかく積載性重視である。
後ろのホムセン箱は前のカブから引き継いだ。

2013年から車載カメラを使う関係でノートPCを持ち運ぶようになり、積載量が不足してきたためサイドバッグを追加。
また、リアキャリア後部にくくりつける防水バッグの安定性を高めるためにリアキャリアをPRO用のものに換装、同時にナックルガードもKITACO製からマルト製のものに変更した。その後、メーカー純正に再換装。


値段的には原付二種の中でやや安め、50ccのギア+2万円ということで、各部には作りの安さが見受けられる。
また走行中に減速していくと、そのままエンストしてしまうことがまれにある。大丈夫か中国製。

加速は原付二種の中でも最低クラスと言われるが、個人的には十分な印象。とにかく実用性を重視したバイクなので、そこは余り気にするべきでないかと。
とにかく10Lという原二スクーター最大のタンク容量がウリで、航続距離はゆうに400kmを超える。300km走ってからでも余裕を持ってスタンドを探せるのは嬉しいところだ。
積載性に関してはメットインがやはり無いものの、リアキャリアがそれを補って余りある。ただ、フロントキャリアはギアと違ってオプションとなっている。
サイドスタンドは出してもエンジンが停止せず、代わりにエンジンの回転数が上がらないタイプ。これってまんまギアのパクリ…。とはいえ、サイドスタンドを出してナビを操作できるし、信号待ちでもサイドスタンドを使えるのは地味にありがたい。
なおセンタースタンドも、踏み込む部分が広くしてあり非常にかけやすくなっている。

小型限定解除により街乗り専用になるかと思われたが、そんなことは無かった。トコトコ走ってどこでも入って行ける身のこなしの軽さはやはり素晴らしい。
高速を使ってサッと行ってサッと帰ってくるツーリングはできないが、下道でまったり走るなら断然コイツ。基本的にロングツーリングはベンリィの独壇場である。


400X 2013年式
DSC05197r.jpg
◎使用期間
2016年10月~
◎装備
標準装備:ABS
装着済オプション:センタースタンド、ラジエターコアガード
追加搭載:ナビゲーション、スポーツグリップヒーター、ETC2.0、ナックルバイザー、可倒式アジャスタブルレバー、トップケースステー、トップケース、エンジンプロテクター、サイレンサーヒートガード、ローダウンキット

以下、過去の愛車。
[愛車紹介]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.