タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201411<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンリィ110で行く日本横断 23・24日目
最東端からの帰路に北太平洋シーサイドラインを走りましたが、2012年に引き続き天候に恵まれず。2014年もダメでした。
そして帰りのフェリーに苫小牧港から乗るのはこれで3度目。2014年も引き続き苫小牧港を利用しており、もう苫小牧港に着くことが北海道ツーリングの終わりと等しくなってます。
でもやっぱりこの時乗ったフェリーは格別でした。まだ何となく旅が終わった感じがしてなかったけど、北海道が遠くなっていくとああ、遂に終わってしまうんだなって実感しました。甲板で思わず泣いちゃいましたよ。



日本横断マイリスト

以下適当に写真。
[ベンリィ110で行く日本横断 23・24日目]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

「楽園追放」観てきました
すっげえ今更ですが楽園追放観てきました。もうBlue-lay出ちゃってるよぉ!?
結論から言うと100点満点で70点、☆5が最高なら☆3.5くらいかな。面白かったです(小並感)

全体としては100分の映画としてまとめるために話はざっくりと細かいことはカットしながら進めて、要所要所で気合い入れた映像を観ろォ!って感じでした。
割り切った構成でしたけど話を膨らませ過ぎてよく分からないまま終わるよりマシだし、映画館で映すことを念頭に映像に気合いを入れたのは良かったかと。

ただできればもっと時間を伸ばして話を掘り下げて欲しかったのは事実。面白かっただけになおさら残念ですね。
以下ネタバレあり。




と言っても、ネタバレする内容がほとんど無いのですが。
…すごい酷評のようですがそういうわけではなく、ストーリーと世界観が王道・順当・正統の三拍子揃ってるんでバラすような意外性のあるネタが無いんですよね。結末もタイトルの時点で想像ついたし。でも私は王道なのが良いんでツボでした。

ただ100分という尺の都合、ストーリーはかなり狭い範囲でしか展開されず、話がさっさと進んでしまうのでそこは物足りませんでしたね。
世界観も最低限の情報を、説明台詞に詰め込んでギリギリ成り立ってる感じ。人類のほとんどは電脳世界に移行したって設定ながら数分しか出てこないし(しかもその間会話に乗せて世界観の説明)。
もちろんちゃんと掘り下げるなら100分じゃ無理なのも分かのんで、しょうがないなとは思いましたが。

逆に映像の方は…やっぱりロボットが思いっきり動き回るのは、最高やな!
唯一の登場ロボットが序盤で鉄クズと化し売られてしまった時はあれー!?出番これだけ!?と思い、しかも終盤まで再登場しないのでやきもきしましたが最後にすっげえバトルしまくってくれて満足でした。
人物の方はCGの不自然さが若干出る時もありましたけど、アンジェラの可愛さとディンゴのカッコよさを映すことに終始してたんでOK。

ホントもっと時間さえあればなー、もっと面白くなったろうになーということで面白かったんだけど残念な作品でした。
あと続編は出て欲しくないなぁ、綺麗に締めた分続きを作ると冗長になってしまうので。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

道の駅巡り始めました。~第一次道の駅ラリー(東北編)~
バイクで日本全国そこそこに走り、ツーリングに出かける理由を失いかけていた昨今。
日本のそこら中にある道の駅でも踏破するか?と思い道の駅巡りを始めました。

…と言っても2014年現在で日本全国に1030ヶ所、しかも今後もどんどん増えていくという。
完全踏破には何年かかるのか、そもそも踏破できるのか分かりませんがやってみることにしました。

これまでも日本中の道の駅に立ち寄っていましたが、仕切り直しでカウントするのは2014年以降訪れた場所のみ。
8月まではツーリングの道中で気が向けば寄っていくスタイルで80ヶ所を踏破しましたが、9月20~23日が図らずも4連休となり、とりあえず東北の道の駅でも巡るかぁ程度の気持ちで本格的なラリーがスタートしました。

割と突発だったため、出発は土曜の午後。目的地も何も無いまま北上を開始。

rally1.jpg
4日間のルートはこんなかんじ。太平洋側のコバルトライン行った後に日本海側の鳥海山ブルーライン行くことを決めるなど、本当に気まぐれに走り回りました。
終わってみれば1500km弱とかなりのロングランに…。土曜日は午後出発ということもあり72時間、実質3日でこの距離はやや無茶気味ですね。

DSC06520l.jpg
DSC06566l.jpg
時期的にちょうど稲刈り前ということで、そこかしこで黄金色に実った稲を見ることができました。東北は日本の穀倉地帯、はっきりわかんだね。

DSC06526l.jpg
DSC06533l.jpg
牡鹿半島のコバルトラインは本当にコバルトでした。
ただ景観を楽しめる箇所は少なくて、どっちかっていうとワインディングを楽しむ道かなって感じでしたね。ベンリィよりF6で走りたかった。

DSC06579l.jpg
DSC06584l.jpg
鳥海山ブルーラインは多少雲が出てましたが、登っていくと抜群の眺望で素晴らしかったですね。
山頂でお湯を沸かしてカップ麺を食べたらもうたまらんかったです。
秋田いいな…男鹿と合わせてまた行きたい。

DSC06609l.jpg
DSC06610l.jpg
そして帰り道、以前ちらっと見かけた国鉄熱塩駅跡の日中線記念館に寄ってみることに。
日中線記念館のフォントがやたら昭和前期っぽくて、日中戦の間違いかと思いました。

DSC06611l.jpg
DSC06613l.jpg
しかし実際、駅自体も昭和前期で時が止まったようで、これだけ味わい深い駅舎が現存してるのはかなり貴重なんじゃないか!?と個人的には高評価。
多分開業した昭和13年当時の駅舎がそのまま残ってるんだと思うんですが、廃線跡にある記念館と言っても駅舎は無くなってしまっていることが多いですしね。
それに昭和59年の廃線以降、30年に渡りこれだけ駅舎や車両を綺麗に保存してるというのも素晴らしいです。
何気に今回のラリーで一番の感動した場所でした。


ちなみに肝心の道の駅の方はというと、4日で27ヶ所巡りました。
ただ突発ということもあり結構無駄も多く、10月の中部地方ラリーは綿密な計画を練ることにしました。(そしたら同じ4日で倍近い訪問数になったという…)

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ベンリィ110で行く日本横断 22日目
出発から三週間かけて、遂に最東端へ到達。納沙布岬は2012年に引き続き濃霧に包まれてましたが、それでも達成感で興奮しきりでしたね。
そして2012年は食べられなかった鈴木食堂の生さんま丼は美味しかったし、食堂に併設されたライダーハウスに集ったライダーたちと過ごした一夜はとても楽しいものでした。
なお2014年も最東端を訪れましたが、直前まで快晴だったのに、岬だけ濃霧に覆われ3年連続で霧の中の納沙布岬となりました・・・。



日本横断マイリスト

以下適当に写真。
[ベンリィ110で行く日本横断 22日目]の続きを読む

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。