タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
北海道簡易まとめ
はい、何とか北海道から無事に帰還しました。
天候は前半はバッチリだったんですが、後半はダメでしたね…。まぁ2年前と違い、終始雨に降られるなんて惨状ではありませんでしたが。

とりあえず素晴らしかった景色のトップ5は、開陽台・宗谷丘陵・道道106号線&エサヌカ線・知床連山ですかね。
釧路湿原・霧多布湿原はまだ緑に染まって無かったし時期的に早かったですね。

・開陽台
いやぁもう…最高でした。素晴らしかった。天候にも恵まれましたしね。
これからの人生でこれより美しい景色を見ることがあるのだろうか?なんてことすら考えましたね。
ちょうどここに着く前にデジカメが壊れたわけですけど、これは諦めて携帯にせずデジカメを購入して良かった!と思いました。
DSC00022m.jpg
これは駐車場からの写真ですけど、展望台もあってそちらは360度見渡せます。もう最高です。あの感動は写真じゃ伝わらないので、ぜひ現地で、自らの目で見てほしいですね。

DSC00023m.jpg
そして開陽台のすぐ近くにある北19号道路。アップダウンがあることもあり、2kmぐらい先の道路まで見通せます。
北海道では結構こういう道路はありますが、特にここは有名のようですね。

・宗谷丘陵
走っていると緑のうねりが刻一刻と変化していき、こちらも素晴らしい景色でした。
ちょっと走るとすぐまた素晴らしい景色が現れるので、ここだけで30枚近く写真を撮りましたね。
CIMG0360m.jpg
CIMG0371m.jpg
牛が放牧されていることもあって、非常にのんびりとした雰囲気が漂っているのもよかったです。

・道道106号稚内手塩線&エサヌカ線
どちらも、地平線までまっすぐ伸びる風景が有名な道ですね。2年前も走る予定だったものの、悪天候と強風が予想されるために断念したという過去があります。
そして去年屋久島行った時、北海道在住のライダーにここの写真を見せてもらったために北海道行きを決意した…など、非常に因縁のある場所で、今回の旅でもっとも期待していたポイントでした。
CIMG0306m.jpg
CIMG0407m.jpg
おかげさまで今回は天気もバッチリ、道道106号線に至っては本当に雲ひとつない快晴で無事2年前の雪辱を果たしました。
ぱっと見、どっちがどっち?という感じですが、実際に走っていると大きく違います。道道106号線は右手に利尻島があり、エサヌカ線は特に何も無いといった感じ。しかしエサヌカ線はタンポポが咲き誇っており、106号線とは違った彩りがあってきれいでした。
停車してエンジンを切ると草が揺れる音しか聞こえず、ああ北海道って雄大だな…と実感しました。

・知床連山
知床峠を走りもしましたが、観光船から見る知床連山が特に美しかったですね。
DSC00081m.jpg
DSC00124m.jpg
手前の緑と、いまだ残雪を携える知床連山の対比が印象的で、観光船の見どころであるカムイワッカの滝とかヒグマウォッチングとかよりもこっちの方がすげぇや!、と本末転倒な結果に。いやヒグマ見れたのも今の時期はラッキーだったらしいんですけど、いかんせん双眼鏡で見ないとちっちゃくて…。


さて、友人に「ツイッター見ると、最初の方テンション高かったけど後半なんかマンネリ化してきてるのかなって感じだったね!」と言われましたけど、実際↑のような素晴らしい景色を前半戦で見てしまい、後半戦は天候もイマイチだったのでそうもなるかなぁと思いましたね。
ってか後半で印象に残ってるのって、霧多布岬の売店のおばさんとか、雪月花廊の主人トトさんとか…景色というより人の方が残ってるかも。

本まとめ記事はその内…また1年とか2年とかかけてUPします。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
おかえりなさい。無事に帰ってこれてよかった。
ベンリィの最適な走行テストになったようですね。乗り心地や燃費など、詳しいレポートを心待ちにしています。
2012/06/11(月) 22:09:13 | URL | 三碧星 #-[ 編集]
>三碧星さん
とりあえずトラブルが無かったのはほんと幸いでした。
ちょっと今更新意欲が落ちてますが、その内ベンリィのレポも上げてきますー。
2012/06/18(月) 22:04:40 | URL | ぶぽ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.