タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンリィ110で走り回る北海道6日目
・知床クルーズ
6日目ということでこの旅もいよいよ後半戦へ。
天気は相変わらずの快晴で嬉しい限り。この日はまず知床観光船に乗るため、ホテルを7時半に出発。
途中のセイコーマートで朝食を買ってから、観光船の受付へ。
DSC00078m.jpg
カムイワッカの滝で戻る1時間のコースもあったが、なんとなしにヒグマが見れるというルシャ湾まで行く2時間コースに乗ることに。まぁ、せっかく知床まで来たし。
知床半島の先端までいくコースは、往復4時間ということで日程的に厳しく諦めた。
DSC00079m.jpg
出港は8時半ということで、10分ちょっと前に受付を出発。
月曜日、しかもまだ6月初めということで乗客は10人程度。2階の展望席に余裕を持って座ることができた。
DSC00080m.jpg
定刻よりちょっと早く船は出港。船上の風が冷たく、バイクに乗る格好で来て正解だと思った。

DSC00081m.jpg
横を見るといまだ残雪を残す知床連山と開通したての知床横断道路が。船から降りたらあそこを登って行くんだなーなどと考えていた。

DSC00083m.jpg
DSC00086m.jpg
DSC00088m.jpg
道中は荒々しい断崖に接近しながら進んでいく。
その度に船長が小型船だからここまで近づけるんですねぇ、大型船ではここまで近づけませんよ~と大型船をディスっていた。

DSC00105m.jpg
およそ30分ほどでカムイワッカの滝に到着。他の乗客もいるし、船も岸の方まで近づくというわけではないので写真の方はちょっとイマイチ。

DSC00110m.jpg
そして出港から1時間、ルシャ湾でめでたくヒグマを見ることができました。(写真中央、海辺を親子で歩いている)
ここに来るまでも何度か出没していたものの、日陰で暗く双眼鏡も持っていないためよく見えず。
ここでは終着ということもあり船を停めてゆっくりと見ることができた。双眼鏡も他の乗客に貸してもらっちゃったしね。ありがとうございました。
DSC00112m.jpg
DSC00113m.jpg
このルシャ湾は断崖の続く知床半島の中では貴重な平地だとかなんとか言ってたような…。
かつて何かで使っていた建物もありましたが、解体工事が行われていました。
DSC00119m.jpg

DSC00120m.jpg
さて、このルシャ湾コースはここで折り返し。
DSC00121m.jpg
DSC00123m.jpg
DSC00124m.jpg
帰りは海岸線から離れて戻るものの、代わりに綺麗な知床連山が拝めました。むしろこっちのほうが綺麗じゃね?なんて本末転倒なことを思ったりも…。


・知床横断、道東縦断
6-1-2012.jpg
観光船を降りると、次の目的地はノサップ岬。というわけで、今日はもうただひたすら道東を縦断するのみ。
そのためにも、まずは知床横断道路で羅臼を目指す。
DSC00125m.jpg
ちょっと指が見切れているが気にしない。

DSC00126mm.jpg
DSC00127m.jpg
標高はぐんぐん上がっていき、山肌だけでなく道路の周囲にも残雪が。さすがに路面には無かったが。

DSC00130m.jpg
ウトロ側はそれほど厳しい峠道ではなく、30分ほどで峠の頂上に到着。
DSC00129m.jpg
羅臼岳の残雪が間近に見える。気温的にも、ようやく冬が終わったという感じ。
DSC00131m.jpg
しかし路線バスがこんな峠までやってくるとは驚いた。

DSC00133m.jpg
DSC00132m.jpg
峠からは北方領土が臨めるようだが、快晴でも見れず。
だがそのまま峠を下っていくと、国後島と思わしき影を見ることができた。
DSC00136m.jpg
北方領土って、こんなに近かったんだなぁ。

ウトロ側と打って変わって羅臼側はきついカーブの連続だったが、無事下って羅臼の中心部へ。
11時半と飯にはちょっと早いが、この先しばらくは町が無さそうなので昼食を取ることに。
DSC00140m.jpg
当初は手前の知床倶楽部に入る気でいたのだが、飲み物しかないとのこと。
どうしようかと一度外に出るが、奥に別の店があるみたいなので再度入ってみることに。
DSC00139m.jpg
のれんも出てないし、やってるのか?つーか大丈夫か?と思ったがちゃんと営業している模様。
DSC00138m.jpg
店内は小さな定食屋みたいな感じで好み。メニューを見るとハモ推しのようなのでハモ丼を注文。
それと、瓶ジュースが置かれているのが目に付いたのでついつい注文。いや~瓶ジュースってのは趣があって好きなんだよねーとか考えていたら普通にコップに注がれて出てきた。そんなァ!俺は瓶から小さいコップに注いで飲むのを期待してたのにィ!
DSC00141m.jpg
それはさておき出てきたハモ丼は脂とタレがたっぷりのっていて美味。
ハモってこんな色だっけなーと思っていたが、帰ってから調べてみるとこれは黒ハモというもので京都で有名なハモとは違うとか。
そして実はこの店がハモ丼の発祥の店で、割と有名だったらしい。
食べ処いわみ
食べログ

ハモ丼を食べた後は、手前の知床倶楽部に再び寄ってコーヒーブレイク。
DSC00142m.jpg
POMERAで記録をつけたり、ルートを確認したり。
DSC00143m.jpg
店の中はごちゃごちゃした感じだが、これもまた喫茶店的な感じでイイよね。

DSC00144m.jpg
喫茶店で休憩した後は、道の駅知床・らうすへ。ここで職場へのお土産を購入し、その後は国道335号をひたすら南下。

DSC00146m.jpg
そして国道335号線は終わりを告げ、国道244号線へと合流。知床半島ともお別れだ。


・最東端再訪、しかし…
6-2-2012.jpg
知床を離れた後は、野付半島へ行くことも考えていたが時間に余裕が無いので断念。
というのも、ノサップ岬で有名なさんま丼を食べたいのだが、そこの営業時間が18時までなのだ。既に時間は14時、18時ギリギリではオーダーストップとなっている可能性もあるし、ノサップ岬まではまだ100km以上ある。この状況で野付半島の観光を加えるのはちょっと厳しい。

更に横風が強く減速を余儀なくされる。途中、道の駅おだいとうで休憩。
DSC00148m.jpg
ここ別海町は生乳生産量日本一だとかなんとか。というわけで三角パックの牛乳を購入。
もうひとつの道の駅マグネットは、既にちょくちょく買っていたのでここでも購入。最東端ノサップ岬まで100kmを切ったことにワクワクしてきた。

DSC00150m.jpg
DSC00152m.jpg
沿道には牧場がたくさんあり、乳牛の姿がしばしば見られる。
ただ快晴だった天気は下降線をたどり、ちょっとずつ雲が増えてきた。

DSC00153m.jpg
15時を過ぎた頃には最東端の町根室市に突入。
DSC00154m.jpg
この後ほどなく国道44号線に合流するが、雲はかなり厚くなり、小雨もぱらついてきた。

DSC00155m.jpg
でも駅には寄る。
DSC00156m.jpg
ここら辺って厚床(あっとこ)と厚岸(あっけし)があって何が何だかだよね、などと思いつつホームへ。
DSC00160m.jpg
かつてはここから中標津、そしてその先の標津までレールが延びていたがそれも今は昔。この標津線は国道よりも内陸側を走っていたため、道中で廃線跡を見かけることは無かった。
なお平成13年と書いてあるが廃止されたのはもっと前の平成元年。

DSC00161m.jpg
ノサップ岬まではあと50km。しかし雲は厚い…。

この後根室市街地を抜け、国道から道道へと移るが…。
DSC00164m.jpg
晴れるどころか霧が出る始末。これでは岬からの展望は…。

DSC00165m.jpg
16時45分、ノサップ岬到着。
DSC00166m.jpg
DSC00167m.jpg
…したが、これではなぁ…。
ノサップ岬は7年前に来ているし、その時は晴れていたしであまり感動できず。北方領土の資料館もその時見たしね。
まー仕方ない、目的である鈴木食堂に移動してさんま丼を食べよう。

DSC00168m.jpg
…ってあれ?やってない?まさか、営業してない?もしかしてさんま丼食べられない?え?

どんよりとした空、6月頭の平日ということで閑散とした(観光客は自分含めて2人)雰囲気、そして寒さ…。
最東端への到達感も消え失せ、ノサップ岬は早々に後にした。

DSC00171m.jpg
そして岬からの帰り道は霧が発生、これで暗くなったらかなり厳しいな…と思いつつも何とか根室市街にカムバック。
夕食をどうしようか悩んでいたが、そういえば根室にはエスカロップがあるなと思い、ツーリングマップルに乗っている店へ。

DSC00175m.jpg
通りが一方通行でちょっと困ったが到着。この喫茶どりあんはエスカロップの元祖からのれん分けした店だとかなんとか。
DSC00174m.jpg
店の中はオシャレな感じ。
オーダーはもちろんエスカロップ、さらにボリュームのあるスペシャルもあったが小食な自分にはキツそうなのでやめておいた。
DSC00173m.jpg
出てきたのがこちら。味は美味い!ドミソースも美味いしバターライスとカツもGood。
エスカロップの美味しさに勢い余ってデザートも注文、手作りプリンをチョイス。
こちらも生クリームとの抜群のコンビネーションで美味しかった。
食べログ

夕食を食べた後は駅前で適当に宿を取り、知床で洗えなかった洗濯物を洗濯。知床では洗濯だけで400円だったが、こちらでは乾燥まで含めて400円で済んだ。
DSC00186m.jpg
※写真は翌日撮影


6-all-2012.jpg
6日目
区間 知床→根室
距離 221km
所要時間 11時間3分
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。