タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カブでGo to 屋久島まとめ13・14日目(終)
・いよいよ最後の船、東京航路へ
13-all.jpg
夜中まで倦怠感と下痢に襲われるも、朝には何とか回復。
東京行きフェリーの発着する徳島の津田港までは80km。出港は11時半ということで、余裕を持って7時前には出発。

DSC06127.jpg
出発から1時間ちょっとで徳島県へ。体調も問題なく、天気は快晴ということでシーサイドを気持ちよく走っていく。

DSC06128.jpg
9時過ぎにはフェリーターミナルに到着。しかしまだ北九州からの船は入港しておらず、窓口もやってない様子。
なのでいったんターミナルを後にし、コンビニで飲食物とブックオフで暇つぶし用の漫画を購入。10時半ごろに戻ると、船は入港し窓口も開いていた。

DSC06129.jpg
しかしターミナルの中は全体的にくたびれて寂しい感じ。航路図も時代を感じさせるし、売店なども一切なく飲み物とカップ麺の自販機のみ。

DSC06131.jpg
DSC06132.jpg
DSC06133.jpg
2Fの待合室は更にすごいことになっていて、ポスターは色あせ天井は抜けており漏水対策のバケツまで。
他に発着するフェリーも無いので(和歌山行きは別の港を発着する)、この航路の現状がそのまま反映されているのだろう。

DSC06134.jpg
ともかく手続きを済ませてフェリーへ乗船。
船の2F部分にバイクや車を積み込むので、スロープを昇っての乗船となる。

この北九州~徳島~東京航路は全く設備の違う2種類のフェリーが隔日で運航しているので、どちらの船が来るのかちょっと心配していた。体調が万全でないこともあって二等寝台希望だったのだが、片方のフェリーは二等寝台は無いので二等で雑魚寝するハメになる。
結局二等寝台のあるフェリーだったので問題は無かったのだが。

DSC06135.jpg
船内設備は酷過ぎたフェリーありあけ(沖縄~東京航路・2009年座礁し解体)よりはパブリックスペースは広くマシであるが、一方で売店・レストランは無く食事は冷凍食品かカップ麺のみ。
DSC06136.jpg
なおカップ麺は謎の激安価格だった。フェリーのカップ麺って大体200~250円するのに、謎。まぁ自販機で売ってる冷凍食品はむしろ楽しみにしてた位なのでいいのだが、今回は胃腸の調子が思わしくないので自粛。…しようと思ったのだが耐えきれず1回食べてまた下痢するという。味はあ~こんなもんだよね…という感じ。

ともかく、船は定刻に出発。船内では漫画を読みながらだらだらと過ごした。

13日目
区間 香川県高松市→徳島県徳島市
所要時間 3時間42分
距離 91㎞

・14日間のロングツーリング、終了
14-all.jpg
東京・有明港着は5時40分ということで、5時前には起床。
入港20分前ともなると、東京ビッグサイトなど見覚えのある景色が見えた。
DSC06138.jpg

DSC06140.jpg
そして遂に有明港へ入港。

カブと共に船を降り、ナビに目的地を自宅とした最後のルートをセット。案内に従って都内を抜けていく。3年前右往左往した時とは大違いだ。
DSC06142.jpg
30分ほどで国道17号へ合流。さいたまの文字が見え、遂に旅が終わるんだと実感。

DSC06143.jpg
7時前には荒川を渡り埼玉県へ突入。そのまま国道17号を走り続け、7時20分に寮に到着。長かった、とにかく長かった14日間のツーリングが終わった。

14日目
区間 東京都江東区→埼玉県さいたま市
所要時間 1時間31分
距離 36㎞


・旅を終えて…
2011-end.jpg
14日間、走行距離3452km。ほんっと~に長い長い旅でした。
中盤からは旅が非日常でなく日常となって、毎日ツーリングしてるのが普通と感じるぐらいでしたしね。
もちろんこれまでの人生で最長だし、これからもこれ以上の長旅は恐らく無いでしょう。

雨にほとんど降られず、潮岬での綺麗な星空や阿蘇の大観峰、四国カルストの美しさを堪能できたしかなり満足のいく旅でした。屋久島はちょっと弾丸日程だったので消化不良でしたが。
ただやはり最後に体調を崩したのは反省点。日没後まで走る日も多かったですし、夏の日差しにも体力を奪われてたんだろうなぁと思います。
実際旅の半ばあたりから疲れを実感してましたしね。そこら辺の教訓は次の年の北海道ツーリングに生かされるわけですが。

ついでに、フェリーにかなり乗った(8回)旅でもありました。30分程度の連絡船から、18時間の長距離フェリーまで乗った船も様々。
フェリーがあればそれだけルートのバリエーションが増えるということが実感できました。
最近は原油の値段も上がってるし、航空機や高速道路の割引で利用客が減って相当厳しいみたいですけど、できるだけ存続してもらいたいです。

最初の給油からツーリング後初の給油までなので正確な値では無いですが、消費したガソリンは56.34ℓ。燃費は59.9km/ℓでした。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。