タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
今年のGWの日程が悪いとかアホかよ10連休最高や!!
GWの中日の30・1・2と休みが取れたので、初のGWロングツーリングに行ってきます。
2013GWroute.jpg
ルートはこんな感じ。今回のメインはバイクで未踏の山陰と北陸です。
10日で2600kmと1日あたりの走行距離は多くない一方、連休最終日まで使っておりそういう意味では余裕のない日程。
今回は長距離フェリーは行きのみなので、走れる時は走って日程を前倒しして行きたいですね。
ちなみにフェリーはバイクのみの無人航送。一緒に乗って行きたかったんだけど、人は満席ということなので仕方なく翌日の新幹線+特急で徳島まで先回りします。

旅のお供はやっぱりベンリィ。
フェイズはその重さがキャンプ場などの不整地では辛いので。フェイズで走るのは楽しいんだけど、旅するならやっぱり原付でしょうと(二種だけど)。
DSC01398m.jpg
で、そのベンリィはフロント周りを少し改造。
前回のツーリングで車載カメラをハコにマウントしたらブレが酷すぎたので、キャリアに金具で直にマウント。カメラの取り付け部は付属品でついてきたヘルメット用のマウントを使いました。
そしてそのままだとフロントキャリア全体が使えなくなってしまうので、カメラと干渉しないように金具を取り付け。
DSC01399m.jpg
荷物を積むとこんな感じ。重い物を乗せるのは怖いので、軽い割に場所を食う寝袋でも乗っかればいいかなあと思ってます。もちろん実際には雨のことを考えて防水バッグに入れますが。


以下、ツーリングの予定&ポイント。

0日目自宅~東京港
・ベンリィをフェリーに積み込んで自身は帰宅。せっかくなので出港風景でも?

1日目自宅~(鉄道)~徳島港~四国中央市
・特に見所は無し、翌日に向けての移動。強いて挙げれば東京~岡山間で3時間半も新幹線に乗れることぐらいか。

2日目四国中央市~益田市
・四国と本州の連絡にはフェリーを使用。安芸灘とびしま海道で瀬戸内海の島を走り抜けながら本州へ。
・本州ではまず三段峡へ。ここは10年前に初めて一人旅をした時に訪れた思い出の場所。今度こそは一番奥の三段滝を見たいところ。

3日目益田市~角島
・この日は見所たっぷりの日で、まずは秋吉台で絶景を。
・その後は関門海峡を渡ってちょっとだけ九州へ。以前は50ccだったので人道だったが、今回は初の関門橋。
・最後は特牛駅に寄り道しつつ角島でキャンプ。角島大橋にはかなり期待。

4日目角島~出雲市
・この日は大体が移動だが、海沿いの道はツーリングマップルでオススメされているので風景にも期待。
・石見銀山にも寄っていくが、ここは軽くすませるつもり。
・終着は出雲市ということで、出雲大社も行きたいが時間が無いかも。

5日目出雲市~豊岡市
・この日も見所多め、宍道湖・大山・鳥取砂丘・山陰本線 鎧駅とちょこちょこ見ていく。

6日目豊岡市~南越前町
・原付の特権、天橋立縦走がこの日の最大の見どころ。
・リフトで山に登っての股覗きは以前済ませているので、成相寺付近まで登って俯瞰したいが道が不明瞭。
・天橋立の後はエンゼルライン・レインボーラインという仰々しい名前の峠道を走り、最終的にはキャンプ予定。ただ絶対にこのキャンプ場でキャンプがしたい!というわけではないので気分や体調次第。

7日目南越前町~輪島市
・東尋坊も寄っていくが、この日は海岸をバイクで走れる千里浜なぎさのドライブウェーがメイン。

8日目輪島市~高山市
・能登半島の先端へたどり着いた後は、ひたすら南下。
・能登半島以降は日程次第でルート変更予定。時間が無いようなら高山まで下らず、走りやすい道で自宅を目指す。

9日目高山市~茅野市
・飯田市へ向かう際の長野県道8号線は、5年前宇都宮から鹿児島へ向かう際に通った道。廃墟となった集落や峠頂上のトンネルが印象に残っているので国道では無くこちらを選択。
・日本のチロル下栗の里はぜひベンリィで訪れたかった場所。なぜかって?聖地巡礼だよ。
・酷道152号線の縦走も見所ではある…が、この日は狭路を走ってばかりなので嫌気が差しそう。

10日目茅野市~自宅
・寄って行こうと思えば霧ケ峰なども寄っていけるが、ここら辺まで来ると高速使っての日帰りや1泊2日程度でも来れる場所なのでさっさと自宅へ。
・一応、通ったことのない国道140号雁坂トンネルが見所?
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.