タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F650GSの装備
DSC05165m.jpg
先週は車体を引き取るだけでいっぱいいっぱいだったので、パシャパシャ写真を撮ってきました。

DSC05159m.jpg
とゆうわけで先週納車されたF650GSさん。650という名前のクセに排気量800ccというよく分からん奴。
同じ名前の650ccモデルがあったり、モデルチェンジしたら少し増えてF700(排気量は相変わらず800cc)になったり混乱します。
タイプとしては…デュアルパーパスでいいのか?公式サイトではエンデューロという扱いだけど、アルプスローダーとか、クロスオーバーとかいろんな呼び名があってよく分からんですね。
実際のところ、タイヤもサスもオンロード寄りなのでオフはオマケ程度でしょうか。

しかしビッグスクーター→ロードスポーツ→デュアルパーパスって滅茶苦茶な変遷ですね。
エンジンも単気筒→直列4気筒→並列2気筒とこだわりも何もありません。
見た目がカッコよきゃいいんだよ!

DSC05169m.jpg
とはいえ、かつては「何あのライトwダサっw」とか思っていたこの特徴的なライト。
しかし時が経った今だと、このクチバシと相まって「アリだな、むしろカッコいい」と思っちゃうんだから不思議。

DSC05161m.jpg
横から見るとこのクチバシがまたカッコいい。ちなみに実物は写真ほどはカッコよくないです。
ボルドールは写真でみるとあまりカッコよくなかったんですがね。こいつは写真写りが良いようで。
でもマフラーは全体のスタイリングから浮いてる感じがします。ちょっと無骨すぎる。

DSC05171m.jpg
オプションはハンドガード、ハイスクリーン、アンダーガード、トップケース&ステー、サイドケース用ステー、一体型ETCが装着済でした。ハイラインなのでABS、グリップヒーター、オンボードコンピュータは標準装備。
追加したオプションは定番のエンジンガードのほか、リアインナーフェンダー、ローダウンサスペンション。そしてボルドールからナビと分離型ETCを移設し、一体型は取り外しました。あとローダウンして使えないのでセンタースタンドも取り外し。

DSC05145m.jpg
年式は2008年式なので5年落ち。走行距離は11000km(バイク屋~自宅の100km込)。BMWとしては慣らしが終わってアタリがついてくるころらしいです。ホントかよ。
ちなみに車体95万の諸経費6万に、ローダウン・パーツ代・工賃足して乗り出しは115万。
新車価格が本体だけで124万だからまー安くはなってるんですが…高い買い物をしてしまった…。

DSC05166m.jpg
ハンドル周りはすっきりしている反面、スイッチボックスは賑やか。
グリップヒーターのスイッチが組み込まれているほか、ABSのキャンセルもできます。しないけど。
しかし噂の左右で分かれたウインカーは使いづらい。出すのはいいんだけど、右手でアクセルひねりながらキャンセルするのが面倒です。
自動でウインカーが消えるようにはなってるんですが、200m走らないと消えない?らしいのであくまで消し忘れた時の保険ですね。

オンボードコンピュータはいろいろ情報が表示できて面白いっちゃ面白いんですが、実用的なのはギアインジケーターぐらいですか。
鍵穴の左は電源ソケット。しかしへラーソケットという海外規格みたいで変換コネクタかまさないと使えないようです。

DSC05163m.jpg
サスペンションはローダウンサスにしましたが、何故か色が紫しかないという。
純正でローダウンタイプも用意されてるんですが、近場には無かったので諦めました。けどこの色はちょっと…。
中央のダイヤルはプリロード調整用。調整しようとしたら、既に店の人が最弱にしてました。そりゃ乗る人の体重考えたらそうですよね。

DSC05168m.jpg
ハンドガードはグリップエンドと接続されているので、コケてもレバーは大丈夫そう。レバー自体にも切り欠きがあります。
パッと見てレバー位置調整が出来なそうですが、根元のダイヤルでブレーキ・クラッチ共に調整可能でした。
しかしクラッチは重いですね。極低回転が弱く低速走行時は半クラを多用することも相まって、渋滞中は非常にツラい…。

DSC05174m.jpg
そして曲者のサイドスタンド。ローダウンした関係もあり、バイクを若干右に傾けないと地面に引っかかってしまい、出したりしまったりできません。平地ならともかく、左上がりの傾斜地ではマジで怖い…。


そして
DSC05177m.jpg
DSC05150m.jpg
念願のフルパニア!!
サイドケースはヤフオクで6万円で落札。新品だと12万円。ブッたまげる価格です。トップケースやステー類と合わせるとフルパニア化に26万円かかるそうな。あ、ありえね~…。
容量はトップケース25L、サイドケースが右28L・左19L。

DSC05151m.jpg
DSC05152m.jpg
純正パニア最大の特徴はこの容量可変システム。ケース内のレバーを動かすと、それぞれ容量が10Lアップ!合計102Lの大容量収納スペース!
…とは言っても、幅がとんでもないことになるので北海道を走り回る時ぐらいしか使い道は無さそうです。
むしろこの可変システムの内部機構のせいで見た目ほど物は入らないし、重くなって防水性も下がってるのでデメリットだらけのような気も。
ちなみにどのくらい重いかと言うと、サスが沈んで足付きが良くなっちゃうくらい。多分両方で10kgは越えてます。

実際、トップケースは凄い便利なんだけど、サイドケースは重いわ車幅は増えるわで使い時はかなり限られますねぇ。ロングツーリングの時もトップケースと大きい防水バッグで事足りそうだし。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。