タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買ってみたら非常に使い勝手の良かったAQA DRYドラムバッグのインプレ。
バイクにキャンプ道具を積むとなると、積載に色々と悩むわけですが…(ただしベンリィは除く)。
個人的に非常に気に入っているのがラフ&ロードのAQA DRYドラムバッグ。9404_01.jpg
(写真はメーカーサイトより転載)

ネットで検索しても実際に使用している写真はほぼ見つからないし、現実でも見かけない非常にマイナーなバッグ。

このバッグの良い所が以下の三点。
1、防水
2、大容量かつ積み込み・持ち運びが楽
3、防水バッグなのに使い勝手が良い

まず防水であること。…まあ、防水バッグなんで当たり前ですけど。
これまで散々ロングツーリングに出かけましたが、非防水だとやっぱり雨が辛いんです。シートバッグじゃないけど、以前寝袋が大雨で水没して使い物にならなくなったのがトラウマ。
パッキングの際の浸水対策とか、温泉入っててバイク放置してる時の天候の変化といった心配から解放されるので、「バッグが防水である」という安心感は何よりのメリットです。

次に容量と可搬性。
DSC06647m.jpg
容量はメーカー曰く55~58L。左に置いたTANAXのマルチシステムタンクバッグと比べるとそれほど大きくない感じもしますが…ドラムバッグの方は7割ぐらいしか荷物が入ってないので。
非防水スペースが9Lなので、防水部分は50L弱。キャンプ用品は調理器具、テーブルや小型のイスも含めて丸々入る十分な容量です。

持ち運びはワンショルダーで、他のシートバッグに比べると格段に楽。
荷物満載で重くなったシートバッグをキャンプ場や宿に運び込むのは案外難儀なもので、この持ち運びのしやすさはこのバッグのナイスな所。

DSC05443l.jpg
バイクに積み込む時も、バンジーコードでササッと取り付けられるので楽かなと。
左右のズレを防止するためのスリットがついてるので、積載時もかなり安定します。ベンリィで無理に防水バッグをくくりつけていた時、脱落したことが何度かあったのでこの安心感は嬉しい。
ただ、他の防水バッグと違ってバンジーコードは別売り。なのでTANAXのキャリングコード3-Vを購入しました。

そしてこのバッグの最も良い所が、防水バッグなのにシートバッグ並に使い勝手が良い所。
DSC06650m.jpg

防水バッグだと外側にポケットが無く小物の出し入れが面倒な場合が多いですが、9Lの非防水スペースがあってそれを解決。濡れてもいいサンダルや雑巾、もしくはカッパを入れておくのに重宝してます。
DSC06649m.jpg
DSC06648m.jpg
DSC06408m.jpg
ズレ防止用のスリットも様々な用途に使えて超便利。
ベルトでマット等の長物をくくりつけるのはもちろん、バッグの固定ベルトを取り付けて小さめのシートバッグを上に乗っけたり、サイドバッグをくくりつけたり。
Dリングも4ヶ所についてるので、ネットを使った積載も可能でしょう。

…ラフ&ロード製品って、多機能だけど使い勝手は微妙ということが多いので、この使い勝手の良さは意外でした。
昨年に買って以降、宿泊ありのツーリングではほとんどこのバッグを使ってます。大型のシートバッグ(BWPクルージングバッグ)もあったんですが、そっちはもはや相方専用になっちゃってますね。
スポンサーサイト

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。