タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年8月嵐の北海道ツーリング 感激スポット
北海道にいたのは6日間だったが、内3日は雨ということもあり、絶景に感動したスポットは道北に偏る形に。

・利尻島
台風の様子を伺いながらたどり着いた利尻島。日程も利尻島が晴れの日に渡れるよう調整しましたが、行って良かったと思える島でした。

DSC04182r.jpg
まずフェリーから見る利尻富士が美しい。島に着く前からいきなり絶景。

DSC04123r.jpg
この利尻富士、島の東西で全く異なる姿を見せるのも素晴らしかった。
島の東側だと綺麗に緑に覆われてるんですが、西側だと荒々しい岩肌を露出させており、島を一周する間ずっと見ていても飽きない山でした。

DSC04096r.jpg
そして離島ながらもやはり北海道、オロロンラインを思わせる気持ちのいいシーサイドロードが整備されてました。

DSC04103r.jpg
島の北西へ向かうと見えてくる礼文島。互いの島の距離はわずか20kmにも満たないらしく、くっきり見通せます。

DSC04100r.jpg
利尻島一周の距離を教えてくれるユニークな標識。
一周50kmちょっとということで一周するだけなら2時間とかかりませんが、あちこち寄り道してキャンプして…ってなると朝のフェリーで来て翌朝のフェリーで帰るぐらいがちょうどいい感じでしたね。

DSC04064r.jpg
あと利尻島は湧き水が島のあちこちで湧いていて、飲み水には全然困りませんでした。
キャンプ場での晩酌にも使わせてもらいました。湧き水で作る水割りは何となくウマい!

DSC04116r.jpg
利尻島での宿泊はテント泊を選択。島のあちこちにキャンプ場がありますが、今回は評判のいい沓形岬キャンプ場にしました。
このキャンプ場の良い所は、温泉やセコマが近くて便利というのもありますが、やっぱり一番のポイントは岬にあるのでちょっと歩くだけで日本海に沈む夕陽を堪能できるってことですね。
DSC04143r.jpg
この日は数年ぶりに水平線に綺麗に沈む夕陽を拝むことができて最高でした。
湧き水で作った水割りを飲みながら夕陽が沈むのを眺める…いや~ほんと、久々に感動するキャンプだった。
DSC04153r.jpg
逆に朝日は利尻富士に阻まれて見えないんですが、朝日で照らされる利尻富士もアリなのでよし。



・白い道
DSC04184r.jpg
どこかで写真を見てこれは行きたい!と思って行きましたが、やっぱり写真通り素晴らしかった!!

DSC04191r.jpg
DSC04207r.jpg
草原の中を貫く白い道がホント綺麗で、しかも前を見れば美しい丘陵と風車の絶景、振り返れば青い青い宗谷湾とその先に見える稚内市街と利尻島。
こんな絶景を見ればここにたどり着くまでの苦労も吹っ飛ぶ。ここまで来た甲斐があったと思える絶景ロードでした。


まぁしかし道北は目的を達成できたものの、台風が直撃している道東へは行けず消化不良気味だったこともあり、9月にまた北海道へ渡ることになるわけです。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。