タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年GW 山陰・隠岐諸島ツーリング 7~9日目
◎7日目 山口県長門市→広島県広島市
仙崎駅に始発列車が到着するのは6時半ということで、5時前に起床し撤収作業を開始。
そして昨日の夜のスリップで違和感を感じた後輪を確認すると・・・釘が刺さりパンクしているのが分かった。
DSC03021r.jpg
パンク自体はこれまで何度も経験しているものの、今回は別格。空気が抜ける音が聞こえるし、手で押したらタイヤがへこむぐらい空気圧が下がっていた。
朝食を取り、付近のガソリンスタンドで空気を入れてもらおうと思ったが・・・その頃にはタイヤがぺちゃんこになるほど空気が抜けていた。
一旦スタンドで空気を入れてもらうも、どんどん空気が抜けていく現状ではそう長く走れない。
そこに地元のライダーがやってきて、この感じだとタイヤ交換が最適だが、山陰には即日交換できるような大きな店は無い。広島など山陽の大きな街へ向かった方が良いとのアドバイス。
そしてそれまでは空気入れで補充しながらだましだまし走るしかないとのことだったが、ちょうど目の前ににホームセンターがあったので空気入れを購入。
DSC03023r.jpg
この後は広島までの200kmを、ちょくちょく空気を補充しながら進むことになる。

この日は快晴で昨日の様な強風も無しで絶好のツーリング日和。だがこの状況では走り回れるはずも無く、角島大橋まで足を伸ばすのは断念。
ただ元乃隅稲成神社は距離が近く、どうしても行きたかったこともあり向かうことに。

・元乃隅稲成神社
強行して向かった元乃隅稲成神社は、有名になったこともあり9時前ながらかなりの人出。
DSC03024r.jpg
ただその先にあった景色は、無理を押して来るだけの価値があったと思わせてくれた。
DSC03029r.jpg
あぁーそうだ、この景色だ!俺はこの景色が見たかった!
天候に恵まれたこともあり、眼前に広がったのはまさにインターネットで事前に見たような絶景。
DSC03033r.jpg
DSC03037r.jpg
赤い鳥居のトンネルを下っていけば広がる日本海の絶景。
ほんとね・・・CNNで紹介されるのも納得の景色でね・・・。埼玉から延々と走り続けてきた甲斐があったと実感した。


しかし逆にここからはとにかく不安の帰路。こまめに空気を補充しつつ、秋吉台などの名所を泣く泣くスルーしつつ広島へ。
だが広島でもベンリィのレアなタイヤサイズの在庫は無し。とりあえずにりんかんでパンク修理を行う。
応急処置ということもあって、この時点でツーリングの続行は断念した。なるべく走らずに済むよう四国に渡り徳島から東京までフェリーを使うことも考えるが空席は無し。しかたなく、埼玉までの自走を決意した。

◎8日目 広島県広島市→京都府福知山市
◎9日目 京都府福知山市→埼玉県さいたま市

翌日はあいにくの雨ということもあり、わき目も振らず西へ向かう。
ひとまず400km走ったところで、次の日の爆走に備え福知山でホテル泊。
DSC03080r.jpg
そして9日目はもうとにかく爆走爆走。福知山から極力混雑を避けるルートを通り、630kmの距離を下道のみで走りきり自宅へ帰宅。
帰宅したのは金曜日。パンクさえ無ければ日程的にもまだまだツーリングを楽しめたはずなので、かなり不本意な結果となってしまった。


◎終わりに
今回の走行距離は2854.7km。往復共に自走、かつ1日400km越えも何度かあったことから距離はかなり伸びた。
内容としては一番の目的である隠岐諸島は存分に満喫できたので良かったが、後半のパンクで行けなかった場所も多く、不満が残るツーリングに。
角島大橋はこれまでに行ったことがあるのでまだ良いが、未踏の地である周防大島と小豆島はとにかく残念。
周防大島は2017年に無事訪れることができたが、小豆島はいつになることやら・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。