タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
原付で2000kmまとめ 2~3日目
※同行した友人がニコ厨なので動画作って くれました→【ニコニコ動画】原付2000kmまとめ

2日目飯田→京都 308.5km
長野8→飯田峠・大平峠→R256→R19→R21→R8→R477→琵琶湖→滋賀559→R1→京都124


・恐怖の長野県道8号線
2日目は5時起き。テントをしまうのに手間取ったこともあり、出発は6時半に。
1日目の道は決めていたが、2日目からはノープラン。とりあえずR19に入り、R21を経由して無難に東海道沿いに走ることにした。
いったん飯田駅へ行き、地図で道を確認して出発。R19に戻るには、R256を通るルートと、長野県道8号を通るルートがあったが、(地図上では)近道に見えた県道を通ることにした…が、飯田峠・大平峠と峠が続き、熊出没危険の看板など凄まじい道であった。まぁ景色は良かったのだが。
それと、8月中旬だというのに半袖では寒かった。

長野県道8号線
いやホント県道8号は酷かった

熊出没注意
北海道じゃないけど熊出没注意

峠の茶屋やる気あんのか…
大平宿を過ぎた辺りにあった茶屋
やる気無さすぎ

・またもや事故
ゆっくり苦労して進んで長野県道8号を抜け、R256を通りR19へ。長野を抜け、R21に入り名古屋をスルー。R21も岐阜市街に近づくにつれ主要道路っぽくなり、遂には一般道路でありながらインターチェンジが登場。また高架のため路肩が狭く、トラックに追い抜かれる時はヒヤヒヤした。
R21も高架ではなくなったところで、沿道の吉野家で食事。牛焼肉丼でも食べようかと思ってたら、メニューが大幅に刷新されたようで丼ものは豚丼と牛丼のみ。仕方ないので生姜焼き定食を注文。いつもは吉野家のご飯なんて食べきれないのだが、さすがに疲れていたのか完食。

友人がなぜかタイタニックしてるが気にしないこと
ここまで来ると完全に西日本という感じですね

そしてR8に入り、R1を目指すのだが、またもや事故との情報。全面通行止めではなく、片側通行だったのだが渋滞がひどい。そこで、友人の琵琶湖が見たいという意向を受け、道の駅竜王かがみの里で道を調べ、引き返す。そして迷いながらR477に入り、またR477も案内が少なく迷ったりするが、無事琵琶湖大橋へ。途中、地図を見るためにコンビニへ入ったが、その時コーヒー牛乳を買う。普通ならどうでもいいが、この旅で初めて冷たい飲み物を飲んだということですごく記憶に焼き付いている…。そして琵琶湖大橋で引き返し、琵琶湖湖畔を走る。既にこの時午後5時半近くになっており、夕焼けを見ながら滋賀県道559号線を走り抜ける。

Hマンが出るぞ…!
R8沿いで見つけた謎の看板
みんなHマンに気をつけろよ!

琵琶湖の夕焼け
琵琶湖沿いは走ってて気持ちよかったです

・今日もまた宿探し
ようやくR1に入り京都入り。途中、山科のローソンで地図を見て寝床探し。京都の南側にある運動公園がよさそうだったのでそこへ向かうことに。
途中、地元の原付乗りに友人が話しかけられていたが、京都は運転が荒いから気をつけろとのこと。個人的には日の落ちた後都会の道を走るというだけで戦々恐々でした。
さて運動公園はR1と交わる京都府道124号線沿いにある、ということだったのだが、これがすさまじい罠だった。
いざ124号線を見つけてみると、そこは信号のない交差点。右折しなければならないのだが、交通量が多くとてもとても出来るような状況ではない。仕方なく次の信号でUターン…と思ったらその信号がまた遠いこと遠いこと!
あげく、124号線に入ったのいいが公園が見つからない。テンションが凄い勢いで下がってたので、その日は諦めて近くにあった普通の公園で寝た(墓地と隣接してる上に地元の人が散歩してた…)。


3日目京都→福山292.1km
京都124→R1→R2→明石海峡大橋→R250→R2→R313


・ついに海へ
いつも通り5時過ぎには起き、6時頃出発。R1と124号線の交差点は朝から交通量が多く、止むなく前日のように一旦信号まで出ることに。
その後は順調に走り、大阪を通り抜け、兵庫に入り、昼前には明石へ到着。道中初めての海にはしゃぎながら、明石海峡大橋の近くで休憩と記念撮影。

国道1号と2号の境目
手前までがR1、奥側からR2
大阪は二輪車が多かった…

海がきこえる
明石海峡大橋と淡路島
天気にも恵まれ、ホント大はしゃぎでした
海水浴場もあったが我慢したぜ…

明石で海を見たものの、それだけでは飽き足らず、海沿いを走るためにR2を外れR250へ(トラックが少なそうな道を選んだというのもある)。とは言っても、海が見えるようになるのは岡山県近くになってからであった。
だが、代わりに岡山県手前では海岸線を縫うように走り、眺めはバッチリ。坂やカーブも多くて大変だったが。

港町?
途中で見つけた海沿いの小さな集落

釣りしてる人もいました海さいこぉぉぉぉっす
海まで下りられる場所があったのでイヤッホオオウと喜びながら下りて行きました

・R2疾走
R250から再度R2に戻り、それからは岡山市、倉敷市などの中心部を華麗にスルーしながら走り続ける。
ここら辺はバイパス的な色合いが強く、スピードも出るが、トラックが多い上、単調な走りになるので眠気が襲ってきてかなり危険だった。休憩しようにもするところがないし…。
途中、福山あたりから街中に戻り、そこで道沿いにあったコインランドリーとスーパー銭湯を利用することに。
結局、風呂を出ることには日が沈んでしまい、福山で泊まることに。すきやで夕食を済ませた後、近くのコンビニに入っていつも通り地図で宿探し。市街地のはずれに憩いの森公園なるものがあったので、そこを目指すことに。
…が、道が暗く、とたんに山に入って怖かったので、適当に途中にあった公園で寝ることに。しかしその公園も何もないくせにだだっ広くて怖かったが。しかも昨日に引き続き墓地と隣接してるし。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.