タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィクトリーでスタンダットゥーザーヴィクトリーしようにも足が無いようだが
近くのゲーセンが50円1クレになったとWikiに情報が出てたので先週行ったらシャッフル対戦会でした。

1時から4時まで3時間200円でプレイし放題ということでしたがゲーセン行ったとき3時だったし、人結構いたしで撤退。

んで今日行ったらやたら人多くて不思議に思ってたら、大会当日なんだそうで。
大してプレイできないまま2時からは練習として参加者のみのフリープレイ開始。
大会開始は4時からということで、まぁ練習だけでも元は取れるとエントリー。

ちなみに4時からの第一部がシャッフル、第一部終了後の第二部がチーム固定ということで、自分は第一部のみにエントリー。

で結論からいうと、ヴィクトリーで出て準優勝でした。
が、参加要項に「・大体運」って書いたあったように、マジで運ゲーでした。

大会方式は、最大で32名参加ということで、予選を行った後成績上位16人が本線進出という方式。
その予選の方式は
1、まず参加者に番号を振る。
2、その番号を書いたカードを4枚引き、その4人でシャッフル対戦。
3、残ったカードを4枚引き、対戦…をカードが無くなるまで繰り返す。
というもの。つまり参加者をシャッフルした上でシャッフルバトルというシャッフルしすぎな予選。
この予選試合を4回行い、勝敗の成績で16名が本選へ行くわけです。
(と言っても参加者が24名くらいだったので、本選進出はかなり容易でした。みんな第二部の前座ということで、ウイングゼロやターンAも少なかったし。)

そして本選では同じようにカードで選ばれた4人が対決、勝ったチームの2人が勝ち残っていくというもの。
大会前の練習では地雷だった人達も参加する中、色々戦ったわけですがそれは続きで。
登場人物
カエル:マジで問題児。大会中失踪したり自分の番になっても隣の連ザⅡで対戦してたり(しかも、それを直接言いにいってもやめない)と大会進行の相当な妨げとなった。
大会指揮ってた店員からは「次からは参加禁止です」とまで言われるほど酷い。
ちなみにカエルとは連ザⅡでアッシュを使ってた時のパイロットネーム。NEXTの大会にはグフカスで参加。
腕はド下手ではないが、連携がまったくできないので空気になりがちだった。

ストライクの人:正直言って地雷。基本的な戦い方やコンボは知っているようだが、LストでCSを狙いすぎる、Aストで赤ロックギリギリでBRを垂れ流すので空気、Sストでも赤ロックギリギリを保つので空気と立ち回りに問題がありすぎる。
練習の時から地雷っぷりを発揮してたので組みたくないと思っていた。…まぁ、組んでしまうわけだが…。

予選第一試合
○ヴィクトリー・百式 VS ×ターンX・アッガイ

自分がアッガイに苦戦するも、百式がターンXを圧倒していたので何とか勝利。
アッガイの人はそこそこ上手かったが、しょせん1000コス、場を支配することは出来なかった。

予選第二試合
○ヴィクトリー・デュエルAS VS ×ヘビーアームズ改・アレックス

相方ゲー。デュエルの人はかなーり上手く、終始圧倒されていた自分の分を相当補っていた。
そういうわけで、後にデュエルの人とは決勝戦で戦うことに。

予選第三試合
○ヴィクトリー・キュベレイ VS ×ターンA・グフカス(カエル)

またもや相方ゲー。…両チームともに。
ターンAの人はかなり上手かったが、相方がカエルであるため援護が期待できず、ほとんど2対1と言える状況になっていた。
一方こちらも自分はキュベとターンAとのタイマンに横槍を入れる程度の活躍。
しかも最後は
ターンAの体力が残りわずかという時に撃墜される

ターンAの近くに復帰し不意を突いて撃破して勝利
…と運で勝ったとしか言えない。

予選第四試合
×ヴィクトリー・アカツキ VS ○V2・???(忘れた)

自分がいかに相方に頼っていたかを思い知らされた一戦。
事前の練習でV2以外の自分含む3人は同じ程度の腕と確認していたため、V2と組んだ方が勝つと開始前から思っていた。
その予感は的中し、V2にボコボコにされて敗北。


予選は終わってみれば3勝1敗、予選通過確実と上々の出来。…出来というか運が良かっただけだが。
通過ボーダーは2勝以上とのことで、運良く勝っていたカエル、ストライクの人も予選を通過した。


本選第一試合(準々決勝)
○ヴィクトリー・ストライク(ストライクの人) VS ×エクシア・グフカス(カエル)

既に試合前から周囲で「カエルと組んだら終わるな…」と言われていたが、その通りに。
とはいえ、こちらの相方も地雷のストライク、あちらのエクシアは腕利きということで、大苦戦。
序盤はエクシアに苦しめられ、更に猪突猛進に突っ込んでくるカエルにも闇討ちをもらってしまう苦しい展開。
しかしエクシアは1落ち後、後方でゲームを捨てたかのように待機。だがエクシアに苦しめられた経験からカエルへの対応が疎かになり、相変わらずイージーな攻撃を食らってしまう間抜けぶり。
その後手出しをしてこないことに気づきカエルを3落ちさせたが、そこでエクシアが突撃。
残りコスト1000、耐久力206の状態でトランザム斬りを受け終わったかと思うも、ギリギリ9残る。
その後BRズンダをエクシアに決め、辛くも勝利。

本選第二試合(準決勝)
○ヴィクトリー・ヴァーチェ VS ×エピオン・ストライク(ストライクの人)

例のストライクが敵ということで安心するも、エピオンがそこそこ上手く、ストライク方追いをさせてくれない。ヴァーチェを残してストライクとタイマンするわけにも行かないため、おとなしくエピオンの相手をすることに。
一方ストライクも終始Lストで垂れ流しをしているだけだったものの、エピオンのプレッシャーにより近付くことができず、なかなか嫌らしい。
がしかし、例のストライクの人では上手くカットできるはずもなく、順当にエピオン→ストライク→エピオンと落とし勝利。

本選第三試合(決勝戦)
×ヴィクトリー・ヴァーチェ VS ○ウイングゼロ・デュエルAS

自分以外の3人は、運だけで勝ちあがってきたような腕ではないことは分かっていた。ウイングゼロが味方に来れば自分の下手さを補ってもらい勝てるかもと考えたが、先ほどのヴァーチェの人と組むことに。
相手はウイングゼロももちろんだが、デュエルASの人が相当上手いことが予選で組んで分かっていたため、勝ち目はないなと思いながらも必死にプレイ。
しかしやはりお荷物になってしまい、ヴァーチェの人がCSを2度ヒットさせるなど奮闘して相手を追い込んだものの、ヴァーチェ(ナドレ)方追いを許してしまい敗北。


…というわけで、「・大体運」が見事に大当たり。参加者の中でも中か中の下程度の腕の自分が決勝戦に行っちゃうあたり、シャッフルってやつは恐ろしいですなぁ。
まぁお遊び程度に参加した人が多い大会で準優勝というのにどれだけ意味があるかは疑問ですが、大会では1回戦負けしかしたことない自分にとっては嬉しいかぎりです。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
俺も大会に参加したいなり~
2009/11/16(月) 18:03:04 | URL | アガ丸 #-[ 編集]
じゃあ今度さいたま市内で大会あったら情報送るよ^^
当日は練習するから朝一で来いよ^^
2009/11/16(月) 18:50:09 | URL | ぶぽ #-[ 編集]
把握した^^;
2009/11/16(月) 20:20:38 | URL | アガ丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。