タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
今年も事前に演習を
20110717route.jpg
今年も夏に長期間の旅行を考えてるということで、事前に1日どれだけ走れるかの検証ツーリングへ行ってきました。
↑の図がそのルート図ですが…わかりづらいことこの上ないですね。浦和から志賀高原経由で長野県へ抜け、軽井沢経由で再び戻ってきましたという感じです。
総行程452km。当初は1泊2日で予定だったんですが、残り100kmくらい?で埼玉県に入ってしまい、日も暮れてなかったのでそのまま1日で走り切ってしまいました。とはいえ、さすがに14時間半走るのは辛かった…。

DSC05305.jpg
で、今回旅のお供となるカブですが、今年の夏の旅行本番は超長期間(二週間ぐらい)の旅行となるため、装備を追加。

DSC05306.jpg
まず後ろに、荷物用とは別にガソリン携行缶用BOXを追加。GWに喜多方へ行った際に航続距離の短さを痛感したため、携行缶に手を出すことにしました。
携行缶の容量は5l。これだけあれば、ガス欠しても満タンまで給油できます。

DSC05308.jpg
そして勢い余って買ってしまったナビ、zumo660。本体7万円+取付工賃8千円。
しかし結論から言えば、ナビは超便利でした。最初の図のように正確に走ったルートが後から分かるし、PCで細かくルート設定してナビに転送できるのがナイス。
そして何より渋滞を避けるのにすごく役立ちました。地図で大まかに抜け道探したら、後はナビの言う通り行くだけでラクラク迂回。普通なら分かりづらいため避ける県道を、思う存分使えるのは大きなメリット。
実際今回も、軽井沢付近で渋滞に巻き込まれましたが、碓氷峠経由からもみじライン経由に変更して事なきを得ました。マジナビ便利。

DSC05309.jpg
そしてナビに時計がついていたため、要らなくなってしまった防水時計。
こんなのでも2千円です。ナビをつけると決めていれば、買わなかったかな…。
温度計もついてるんですが、直射日光当たるとぐんぐん値が上がって45℃とか示すので、アテになりません。

DSC05319.jpg
道中では、やはり志賀高原の景色が素晴らしかったですね。さすがに3連休ということで、渋滞しがちで流れは良くありませんでしたが、どうせスピード出して走れるような道ではなかったですし。
さすがに勾配もきつく、110ccの力不足を感じる場面は多々ありました。だからと言って125cc以上に乗り換える気にはなりませんが。

DSC05320.jpg
そして去年の国道標高第2位に引き続き、今年は国道最高地点。第2位の方は人が見当たらないほど閑散としてましたが、こちらは大人気でカブと一緒に写せませんでした。

DSC05326.jpg
志賀高原を抜けると湯田中温泉ということで、湯田中駅に立ち寄り。
温泉街の入口に駅があるだけあって、右側の旧駅舎は温泉施設になってるし、無料の足湯も併設されてます。

DSC05325.jpg
こちらがその足湯。せっかくだから入っていけばよかった気がしますが、ちょうどお昼時でお腹も空いていたのでスルーしてしまいました。

この後の中野~上田~軽井沢~浦和に関しては、特段風光明媚な場所も無かったので写真も撮らず走り続けてました。
しかし午後あたりから疲労が顕著に影響し始め、30分~1時間に1回程度はコンビニに寄って涼んでました。
最終的に1日で450km走りきったものの、疲労が物凄かったので本番では絶対やらない。やっぱり1日300km前後が余裕あっていいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
うわぁ・・・
これはちょっとツッコミ様が無い程のお素敵趣味ですね~
でも14時間運転はいくら何でも無茶ざます。
どうしたって体力が落ちれば集中力も落ちますよ。
夏場は特にですね。

余裕を持ったプランで、安全で楽しいご旅行を~
2011/07/21(木) 03:59:16 | URL | 26 #JalddpaA[ 編集]
まぁちょっと今回は無茶でしたね…。次の日に響きましたし。
本番では疲れを残さないよう、ゆったりまったり行く予定を組んでるところ…ですが、仕事が急に入ってきて期間短縮余儀なくされそうです。残念無念。
2011/07/22(金) 00:10:54 | URL | ぶぽ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.