タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
カブでGo to 屋久島まとめ1日目
・旅行開始まで
2011年、夏休み。正直、今回はどこに行こうか迷いに迷っていた。
これまでひたすら遠くを目指してきたが、既に南は鹿児島県、北は宗谷岬を原付で走破しており特に行きたい所が無かったのだ。
ただ今年は思い切って二週間もの夏休みを取ろうと思っていたので、その長期間を利用し、日本海側縦断、北海道再訪問、西日本往復(長距離フェリーなし)などのかなりのロングツーリングを計画していた。
最終的に、今まで生まれてから和歌山県だけ行ったことがないということで西日本往復で固まりかけていた。だが、会社の同僚が小笠原諸島に行ってたので、じゃあなんとなく自分も世界遺産だし屋久島行くか、というかなり適当な感じで行き先が決まった。

当初予定ルートはこんな感じ。
route.jpg



・出発
1-1.jpg
出発当日は朝5時前に起きるが、前日夜10時まで飲んでいたこともあり体調はイマイチ。更に、着替えの用意やフェリーの時間のチェックもしていなかったため、大急ぎで支度する。それでも、最終的な出発時刻は6時になってしまった。

DSC05338.jpg
カブ110に荷物を詰め込み、前日に何とか届いたゲルザブをシートに装着。おそらく人生で最も長くなるであろう、二週間の長旅がスタートした。


DSC05340.jpg
寮を出て間もなく、国道17号新大宮バイパス沿いのマクドナルドで朝マック。
バイパスは朝から交通量が多いうえ、空はどんよりとした曇り空で気分はイマイチ。今回の旅も雨模様になるのか…と思いつつ、埼玉県・東京都と走り抜けていく。

DSC05341.jpg
東京都と神奈川県を抜けるルートとして、今回は国道246号線を選択。しかし、246号線とて交通量が少ないわけではなく、信号も多いので退屈。その上小雨がぱらつきだし、さっそく合羽の出番となる。


246号線も、西へ進むにつれ次第に交通量が減っていき、それなりに走りやすくなってきた。
途中、「日本一まずいラーメン」とデカデカと書いてあったラーメン屋があったので撮影。
DSC05343.jpg
確かに物珍しさに人は入るんだろうけど…個人的には、まずいって分かり切ってるなら行かないなぁ。
まずいラーメン屋を撮影してから1時間。10時ごろ、神奈川を抜けて静岡県に入る。

DSC05346.jpg
これで当分の間、関東とはお別れだ。

・静岡突破
1-2.jpg

DSC05352.jpg
静岡県に入り、国道246号から国道1号線へ。1日目は特に観光や風光明媚なルートを通るわけではないので、バイパスをさっさと進んでいく。

DSC05353.jpg
昼ごろには静岡市に入り、静岡駅の駅ビルで昼食。
そして、ここからは1号線を迂回し海沿いを走る国道150号線へ。

DSC05355.jpg
150号線も、堤防などがある関係で海はほとんど見えず。
とりあえず、浜岡原発が道沿いのあったので入口を撮影。
DSC05356.jpg

150号線から離れ、国道1号線に戻ると間もなく浜名湖。
太平洋と浜名湖に挟まれたいい道…なのだが、そこは自動車専用道。ナビの案内に従っていたらうっかり進入してしまい、駐停車禁止の区間でもあったので、写真を撮ることもなくさっさとバイパスを後にする。


・愛知県へ
1-3.jpg
浜名湖を過ぎるとすぐに愛知県となり、国道1号線から国道23号線へ。
しかしバイパスで飛ばすのも疲れたため、適当に県道にそれながら西尾市を目指す。

DSC05364.jpg
次第に日も暮れ始めるが、午後6時半を過ぎたところで西尾駅に到着。
DSC05365.jpg
特に駅に来たかったわけではなく、距離的にここら辺が目的地としてちょうど良かったというだけなので、ナビで宿を探して駅を後にする。

DSC05371.jpg
※翌日撮影
ホテルは駅から近かったのだが、夕暮れで暗く、入口がホテルっぽくなかったため探すのに手間取ってしまった。

DSC05368.jpg
ホテルの部屋は普通の設備が揃っていたのだが、なぜかアースジェットが置かれていた…。それだけ虫が多いのだろうか…。



1日目
区間 埼玉県さいたま市→愛知県西尾市
所要時間 12時間50分
距離 373㎞
1-all.jpg
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.