タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
カブでGo to 屋久島まとめ2日目
・紀伊半島目指して
2-1.jpg

2日目は人生初の和歌山県を目指し、愛知県・三重県をさっさと進んでいく。
国道23号線のバイパスに入ると、全区間高架ということで流れはかなりのハイペース。次第に片側3車線となり、高速道路や一般道への複雑な分岐が続き、ほとんど高速道路状態だった。
DSC05372.jpg

そんな感じで愛知県を早々に後にし、三重県に入ると風景は次第に田園風景へ。
昨日今日とほとんど街中か街外れのバイパスだったし、天候もにわか雨の降る曇り空から晴れに変わり、気分よく走れた。
DSC05373.jpg
DSC05375.jpg

そして国道23号線から国道42号線へと入ると、道路は急に山間を走る道へと変化していく。
信号も交通量もだんだんと減っていき、走っているとなかなか爽快だった。
DSC05379.jpg
しばらく紀勢本線と並走する道が続き、途中に駅があったので何気なく立ち寄る。
DSC05380.jpg
DSC05384.jpg
DSC05386.jpg
ちょうど列車が来る時間だったので、せっかくなので見送っていく。
鉄道で旅をしなくなって久しいけど、やっぱりこういう静かな無人駅は今でも惹かれるものがある。

・人生初の和歌山県へ
2-2.jpg

梅ヶ谷駅を後にすると、伊勢と紀伊の旧国境荷坂峠。
DSC05395.jpg
まだ改良が進んでないのか結構な急カーブが連続し、ゆっくりゆっくり峠を越える。

荷坂峠を越えしばらくすると、続いて馬越峠にさしかかる。
と言っても、道路のほうはトンネルがあるので急カーブなどはない。
DSC05398.jpg
ここは熊野古道の一部のようで、タクシーやバスが観光客をひっきりなしに運んでいた。

峠を越えてすぐの尾鷲で昼食。
DSC05401.jpg
結構ハイペースで来てるので、1時間ぐらい居座って休憩。

昼食の後もしばらく山道を走るが、熊野市に入ると景色が一変、海沿いを走るようになる。
DSC05402.jpg
DSC05406.jpg
やはり青い海を見ながら走り抜けるのは気持ちいい。

そしていよいよ、人生初、国内で唯一行ったことの無かった県の和歌山県へと入る。
DSC05409.jpg
三重と和歌山の県境となる橋なのだが、横を見ると紀勢本線の鉄橋が見えた。
DSC05410.jpg

・せっかくの和歌山県だし堪能していこうか
2-3.jpg

和歌山県の入り口、新宮市を越えると那智勝浦。那智勝浦と言えば当然那智の滝。
当初は行く予定は無かったのだが、時間に余裕があるし、ナビで調べてみたら案外近いことも分かったので、行ってみることにした。
DSC05412.jpg
ただ距離的にはそうでも無くても、那智の滝まではかなりの山道。特に那智の滝直前では、つづら折りの道が続きかなりゆっくりと登って行った。

そして入口に到着し、バイクを置いて那智の滝へ。
DSC05414.jpg
DSC05415.jpg
DSC05416.jpg
那智の滝までは石畳の道をちょっと歩くのだが、これが結構急な坂。途中で休憩している老夫婦もいた。
しかし、たどり着いた先の光景はここまでの道のりの苦労を補って余りある素晴らしいものだった。
DSC05417.jpg
滝はさすがのスケールで、写真ではその威厳は全然伝えられない。
また、他の滝と違って、滝が信仰の対象として周りが整備されているのが面白い。
辺りではヤタガラスのお守りが売っていた。なでしこジャパンも付けている、と言っていたのが時勢を感じさせてくれる。男子も付けているのだが。

DSC05434.jpg
DSC05433.jpg
那智の滝から道路の方へ戻り、道沿いに並ぶお土産屋で休憩。
こういう、いかにも観光地のお土産屋ってところで休憩するのは、旅行に来ている気分を高めてくれるので好き。
更に窓からは心地いい風が吹き、風景もなかなかで最高だった。


那智の滝を後にしてからは、再度国道42号線を南下。本州最南端の町、串本町に到着。
DSC05435.jpg
そして本州最南端、潮岬へと向かう。
DSC05439.jpg
DSC05440.jpg
潮岬を一周する県道は、その名も潮岬周遊線。この県道で潮岬へ向かう。

DSC05442.jpg
程なく灯台が見え、
DSC05444.jpg
本州最南端に到着!

DSC05443.jpg
DSC05447.jpg
岬の周囲は芝生が広がっていい感じ。
この芝生の一区画がキャンプ場ということだが、確かにテントを張るには最適な場所だ。

DSC05449.jpg
そして一旦、潮岬を後にし、橋で繋がる紀伊大島へと向かう。
DSC05450.jpg
橋と言っても、途中までは高さもなく普通の道のよう。まぁ、両側を海に囲まれているので普通の道とは違うのだが…。
この後の巨大なループ橋が見所なのだが、道が細く停車しづらかったので撮れず。
そのまま大島を東へと横断し、樫野崎灯台へ。
DSC05452.jpg
灯台の手前からは歩行者専用道なので、バイクを降りて灯台へと向かう。
DSC05455.jpg
灯台までの道中には、トルコの民芸品やトルコアイスを売る店が。
なぜこうなったかというと、過去にトルコ軍艦が遭難し、生存者を日本人が救出したかららしい。

DSC05456.jpg
そして樫野崎灯台へ到着。しかし灯台に特に思い入れがあるわけではないので、ちょろっと見てすぐさま引き返す。
島を後にする頃には、日が暮れる時間となっていた。
DSC05460.jpg

この後は潮岬に戻り、キャンプ場でテントを張って一泊。
そして、近くの生協で買ってきておいたビールで一杯。
DSC05462.jpg
なんとなしに買った酒だったが、空を見上げると満天の星空。
星空を見上げながら飲むビールは、格別というか、最高に幸せな一杯だった。

2日目
区間 愛知県西尾市→和歌山県串本町(潮岬)
所要時間 12時間
距離 354㎞
2-all.jpg
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.