タイトルがない。ただのブログのようだ
好き勝手にやってます。 今はバイクツーリングの記録がメイン。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カブでGo to 屋久島まとめ5日目
・西へ西へ
5-1.jpg
5日目の最初の目的地は虹ノ松原。ということで、昨日に引き続きどんどん西へ進んでいく。
DSC05619.jpg
出発して間もなく、佐賀県に突入。
ふと横を見ると、何やら赤い鉄橋が。
DSC05621.jpg
真ん中が上がってるから道路じゃなくてパイプラインか何かだろうか?気になったので、向かってみることに。
川沿いを進んでいったら道が無くUターンする羽目になったりしたが、何とか到着。
DSC05630.jpg
うしろの国道444号の看板がちょっと不吉。

辺りは公園として整備されており、どうやらこれは廃線になった国鉄佐賀線の鉄橋だったらしい。
DSC05627.jpg
かつては列車が通るたびに真ん中の部分を上下させていたらしい。しかも歩道となった今でも稼働するってんだからすごい。
DSC05629.jpg

この後は佐賀市内を抜け、1時間半ほどで虹ノ松原に到着。
DSC05631.jpg
海が見えなかったのは想定外だったけど、両脇を松に囲まれた道がずっと続き面白い。
DSC05632.jpg

そして唐津といえばからつバーガー、と思ったけど午前9時では開いてる店が無い。仕方なく普通に朝ロッテリア。
DSC05633.jpg

さて次は浜野浦の棚田へ…行くつもりだったが、近くにあったので玄海原発に行ってみた。
DSC05635.jpg
再稼働で揉めたせいなのかどうなのか、周囲の警官の数の多さが異常…。
浜岡原発ではそのままスルーしましたが、今回は併設されている資料館・玄海エネルギーパークを覗いてくことに。
DSC05637.jpg
原発に来る機会もそうそうないので1時間ぐらいじっくり見学。中身は…まぁ原発推進の一言。原発に併設されてるんだから当然なんだけど。
意外だったのは、原発の周囲が公園として整備されて開放されていたこと。そんなイメージ全然なかった。
親子連れで遊んでる家族も結構いました。

原発を後にして、次は本来の目的地浜野浦の棚田へ。
DSC05643.jpg
周囲には小さな駐車場が整備され、撮影スポットには展望台が設置されてる親切設計。…ちょっと興ざめだったけど。
DSC05638.jpg
風景自体は良好ですね。ネットでよく見る写真と違って夕暮れでもないし田植えの時期でもないんだけど十分十分。
棚田自体はこの地域ではよく見られるので、珍しいものではないんですがね。
DSC05648.jpg


・まだまだ西へ西へ
5-2.jpg
午後0時を過ぎたあたりで、佐賀県を抜け長崎県に突入。
DSC05649.jpg
しかしまだまだ西へ向かいます。

西へ向かってたどり着いたのはたびら平戸口駅。
DSC05650.jpg
ここは日本最西端の駅として有名。もっとも、沖縄のゆいレールが出来てしまったので厳密には最西端ではないのだが。
DSC05651.jpg
それでも、(モノレールなどを除いた、狭義の意味の)鉄道の駅としてはまだ最西端。誇らしげな記念碑も建立されている。
鉄道旅行していたころに、最北端・最東端・最南端の駅は行ったことがあるのだが、最西端のここだけは来たことが無かった。
DSC05652.jpg
駅の中には売店と、ここには写ってないが記念館があった。売店は種を売っているのが異彩を放っている…。
DSC05653.jpg
DSC05654.jpg
DSC05655.jpg
駅構内は昔ながらの駅のままという感じ。

さて、午後1時だし駅周辺で昼食を…と思ったのだが、飲食店が辺りになく、止む無くさらに西へ進む。
そしていよいよ、平戸島へ渡る平戸大橋に到着。
DSC05657.jpg

ちょうど橋の付近に展望台と喫茶店があったので、そこで昼食。
DSC05660.jpg
DSC05659.jpg
ここではカツサンドを食べたのだが、ソースがタルタルソース?だったりカツ以外にもハムが入っていたりと通常とは一線を画した作り。
だがそれがなかなか美味しかった。もしまた来る機会があればぜひ食べたい。多分そんな機会ないけど。

喫茶店でちょっと休憩した後、橋を渡り平戸島へ。

が、平戸島は目的地ではないので、さっさと次の島へ。
DSC05662.jpg
生月大橋を渡り、生月島へ到着。
更に島の北端を目指して走り続ける。
DSC05667.jpg
DSC05668.jpg
のどかな風景の中を走っていると、なんたら断崖という看板があったので停まってみる。
DSC05670.jpg
塩俵の断崖でした。
展望台から眺めると、断崖なのだが下から柱が伸びているように見える異様な風景。
DSC05673.jpg

その断崖を後にしてすぐ、目的地の大バエ灯台の手前に到着。
DSC05674.jpg
ここからは歩きです。
DSC05678.jpg

そして見えてきた、大バエ灯台。
DSC05679.jpg
DSC05681.jpg

DSC05686.jpg
灯台自体は殺風景な感じ。しかし、そこから見渡す風景は中々のもの。
DSC05684.jpg
DSC05685.jpg
東を向けば本州が、南を向けば生月島全体が見渡せた。天候が良いこともあり緑が映える。

・もう西に行けないので帰ります
5-3.jpg
灯台を後にして走っていると、綺麗な棚田が見えた。
DSC05688.jpg
DSC05689.jpg

さて、この後は生月島・平戸島をささっと通り過ぎ、佐世保に向って南進。
渋滞にも巻き込まれたが、日没前に佐世保に到着。
DSC05690.jpg
で、佐世保と言えば佐世保バーガー。
DSC05692.jpg
駅の構内には持ち帰り専用の店しかなかったので、とりあえずテイクアウト。
で、駅の東が波止場っぽい公園だったので、そこで頂くことに。
そしたら風が強く、ポテトが入った袋が飛ばされました。なんかちょっと…嫌になったよ。

佐世保バーガーでテンションが下がった後は、まだ行けるだろうと南進。
しかしやはり渋滞に巻き込まれ、日も沈んだので適当に宿を探して一泊した。


5日目
区間 福岡県大川市→長崎県東彼杵郡川棚町
所要時間 12時間30分
距離 294㎞
5-all.jpg
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。